RAGAZZOTTO

  • CONCEPT ラガゾットの考え方
  • COMPANY ラガゾットについて
  • ESSENCE 月村三五朗
  • BRAND ブランド展開
  • NEWS 新着ニュース
  • CONTACT お問い合わせ
  • MOVIE コンセプトムービー
  • DUMMY 採用情報
  • DUMMY ツキムラサイト

代表挨拶 GREETING代表挨拶 GREETING

MITSUGORO TUKIMURA

ファッションの最先端を走る人だけがお洒落を楽しむ時代は終わりました。私たちはオートクチュールに 20~30万円を支払うと思われがちなオーダースーツを、普段皆さんが既製品を購入されるプライスで、しかも気軽に楽しんでいただきたいと思っています。人間は一人一人の性格が異なるように体型も異なります。既製品で全てをカバーしようとすること自体、誤っていると考えます。ツキムラでは、オーダースーツをリーズナブルに購入していただけます。そこに貴方の本物のこだわりをプラスしてお洒落を楽しんでください。

ファッションの最先端を走る人だけがお洒落を楽しむ時代は終わりました。
私たちはオートクチュールに 20~30万円を支払うと思われがちなオーダースーツを、普段皆さんが既製品を購入されるプライスで、しかも気軽に楽しんでいただきたいと思っています。
人間は一人一人の性格が異なるように体型も異なります。既製品で全てをカバーしようとすること自体、誤っていると考えます。
ツキムラでは、オーダースーツをリーズナブルに購入していただけます。
そこに貴方の本物のこだわりをプラスしてお洒落を楽しんでください。

ファッションの最先端を走る人だけがお洒落を楽しむ時代は終わりました。
代表取締役 月村 三五朗 こと 岸 伸彦
代表取締役 月村 三五朗 こと 岸 伸彦

TARO TUKIMURA

常識という言葉は 意味を失いました。
専務取締役 月村 太朗 こと 岸 裕亮

常識という言葉は意味を失いました。世の中は、とても速いスピードで変わり続けています。例えば、スマートフォンやインターネットの技術も、10年前には、考えられないものでした。背広のあり方も同じです。以前は全て一着一着、心をこめて誂えていたものが今ではほとんど既製服に変わってしまいました。毎日激しい変化し続け、もはや昨日の常識が今日の常識ではなく非常識に変わってしまう。少し気を抜くだけで、物事がすぐ過去になってしまう。明文化された常識ではなく、今をどう考え、今をどう行動するか。それこそが必要とされている事だと思います。弊社の背広は私たちの今を表現しています。その今があなたの最高の着になると信じて。

常識という言葉は意味を失いました。世の中はとても速いスピードで変わり続けています。例えば、スマートフォンやインターネットの技術も10年前には、考えられないものでした。背広のあり方も同じです。

以前は全て一着一着、心を込めて誂えていたものが、今ではほとんどが既製服に変わってしまいまいた。
毎日激しく変化し続け、もはや昨日の常識が今日の常識ではなく非常識に変わってしまう。少し気を抜くだけで、物事がすぐに過去になってしまう。明文化された常識ではなく、今をどう考え、今をどう行動するか。それこそが必要とされている事だと思います。

弊社の背広は私たちの今を表現しています。その今こそが、あなたの最高の一着になると信じて。

専務取締役 月村 太朗 こと 岸 裕亮

青二才の夢青二才の夢

社名への思い社名への思い

Ragazzotto(ラガゾット)とは、
イタリア語で「青二才・鼻たれ小僧」という意味。
これは、月村三五朗がイタリアに渡航したときに
はじめて覚えたイタリア語。
夢を持ち続け、まだまだ成長し続ける存在でいたいという思いから、
1990 年に株式会社ラガゾットという
名前の会社を設立しました。

青二才の夢社名への思い

音声再生 ONスイッチを「ON」にしてください。ラジオの音声を
「ON」にする
音声再生 OFF音声再生 ON

―こちらは、北京放送です。ただいまの天気は...

自作のラジオが見知らぬ土地の天気を伝える。
その声だけを頼りに、
少年は遥か遠くの土地に想いを馳せた。
声が、言葉が身体中に染み渡っていく。

自分もいつか文化や価値観を変える人になりたい。
少年は夢を抱いた。

少年の祖父が始めた洋服商。
やがて父がその商売を継いだ。
手伝いとなれば、生地を車に乗せて町中を走り回る。
しかし、年ごろになった青年にはそれが恥ずかしかった。
頭を下げて生地を売るのではなく、
自分のお店に来てもらいたい!

少年は店舗を構える決心をする。

自分でチラシを刷り、半年ほど経ったあとで
やっと店に足を運ぶお客さんが増えてきた。
これならやれる。青年はそう思っていた。

青年の憧れはいつしか、彼をイタリアへ向かわせた。
そこで感じた高揚感、自分の未熟さ、そして可能性。

「俺は青二才 。 まだまだこっからや。」

青年は帰国して会社を立ち上げる。
仲間も店舗も増やした。ラジオの番組も始めた。

それでもまだまだ夢はある。
「日本の文化を伝えるスーツを創りたい。
そして 、服装に対する価値観を変えていきたい。」

永遠の青二才。少年の夢はもっと大きくなる。

ツキムラ物語 創業記念事業 COMPANY PROFILEツキムラ物語 創業記念事業 COMPANY PROFILE

3世代が繋ぐ、背広の浪漫
ツキムラ物語
1960年代の夢がある時代に育った
ラジオが好きな少年
DOWNLOAD PDF
少年から大人へイタリアで誓った
ラガゾット設立への想い
DOWNLOAD PDF
学園前店で気づいた
“逢う”ことの根底にあるもの
DOWNLOAD PDF
時代の進化と共にスーツもIT化へ
そこに潜んだ落とし穴
DOWNLOAD PDF
人生を彩る一着を仕立て上げる
最高の職人との出会い
DOWNLOAD PDF
“直接声を届けたい”
ラジオ番組という新しいチャンネル
DOWNLOAD PDF
大学での講演活動でもたらした
ツキムラの力
DOWNLOAD PDF
今後を担う人材の育成
“商売に大切なのは人としてどう思うか”
DOWNLOAD PDF
初の東京展示会
東京からみた奈良のツキムラ
DOWNLOAD PDF
ツキムラの代名詞“3着5万円”の
パターンオーダースーツ誕生
DOWNLOAD PDF
岸 伸彦氏が三代目ツキムラを継ぐ
“月村 三五朗”を襲名
DOWNLOAD PDF
ツキムラを支え続けていた
会長から受け継いだ裁断ばさみ
DOWNLOAD PDF